top of page

【展示会】2023年7月25日(火)~7月27日(木)「第55回 管工機材・設備総合展」に出展いたします。【NETIS】


株式会社N.S.C.Trading はこの度「第55回 管工機材・設備総合展」に、株式会社エヌ・エス・シー と共同で出展いたします。


●株式会社エヌ・エス・シーってどんな会社?

株式会社エヌ・エス・シーは空調機用ドレンポンプの製造メーカーで、弊社の親会社にあたります。「ドレン配管工事の新常識」として空調機用ドレンポンプを業務用から家庭用まで幅広く提案しています。実は、日本国内で空調機用ドレンポンプの販売を行った最初の会社。30年を超える経験と知識を活かし、地震等による配管の損傷、空調機施工後に発生する問題、空調工事を行う職人の減少問題など、様々な難題解消のお手伝いが出来ればと考えています。


「ドレンポンプって何?」と思った方は是非、株式会社エヌ・エス・シーのWEBサイトもご覧下さい。

ドレンポンプは、思ったより色々なところで活躍しています。

「エアコンって、こんなに好きな場所に設置できるんだ!?」という発見があるかも。

↓ ↓ ↓



●「管工機材・設備総合展」とは

管工機材や、関連する各種設備を取り扱う仕事は、社会のライフラインを根底から支える重要なもの。まり目立たない、しかし生活や産業に欠くことのできないものばかりです。「第55回 管工機材・設備総合展」は「未来へつなげよう 自然と技術を結ぶ 設備展」というキャッチコピーのもと、快適な人々の暮らしを守り都市・産業基盤をしっかりと支えている、管工機材・設備機器の重要な役割と多彩な働きぶりを伝える展示会です。


●N.S.C.Tradingの見どころ

株式会社N.S.C.Traingは、「第55回 管工機材・設備総合展」にて下記の展示を行います。

① 360°LEDヘッドライト「HALO SL」

② 弱アルカリ性エアコン用洗浄剤「アブユトリ」


●N.S.C.Tradingといえば「HALO SL」!

さて弊社N.S.C.Tradingといえば、360°LEDヘッドライト「HALO SL」。


社会のライフラインを支える管工機材や設備。設置には必ず工事が伴います。当然、夜間工事のほかにも、明かりの取れない暗所、構造物内での作業など十分な明かりの確保が難しい場所が多々あると思います。

「HALO SL」そんな明かりの問題を解決してくれます。


左の画像は「HALO SL」点灯時、右は点灯しない状態の画像。弊社スタッフが同じ環境で「HALO SL」オン・オフして撮影してくれました。もちろん明かりは「HALO SL」のみ。手元・足元・周囲など広範囲をばっちり照らします。急な作業や、狭いところなどでは投光器以上に活躍が期待できます。ブログ記事「【NETIS】HALO SLの明かりは実際にどんな見え方をするの?」でも詳しくご紹介しています。


また「HALO SL」は国土交通省の新技術情報提供システム(NETIS)登録済み。公共工事の入札、工事成績評定への加点が見込めます。NETIS製品として、導入しやすさから好評をいただいています。ブログ記事【NETIS】HALO/HALO SLが選ばれるワケ」でも解説しておりますのでこちらもご覧ください。

「第55回 管工機材・設備総合展」にお越しの際は、是非「HALO SL」を実際に触って体験してください。


●「アブユトリ」ってなんだろう?



弊社ブースにて展示の「アブユトリ」。弱アルカリ性で、人体・アルミフィン等にダメージのないエアコン用洗浄剤として販売しています。一般的にエアコン洗浄で使用されている洗剤は強アルカリ性。水酸化ナトリウム等を原料として腐食性が強いものが主流です。短時間で汚れが落ちるメリットはありますが、その反面人体やアルミ材にダメージを与える危険性があります。「アブユトリ」は水酸化ナトリウム等の危険品当たる物質は使用しておらず、エアコン以外にも安全に使用できます。また、危険品ではないので普通品として海外への輸送も可能です。

この機会に是非「アブユトリ」を知ってください。



『第55回 管工機材・設備総合展』開催概要

[開催日時]

2023年7月25日(火)~7月27日(木) 

午前10時~午後5時(最終日も午後5時)


[会場]

東京ビッグサイト南1・2ホール


[弊社ブース]

小間番号:D-26


[公式WEBサイト]






※展示会・HALO SLについてなどお問合せはこちらから


Comments


bottom of page