top of page

【NETIS】やはり工事現場では防塵性能は大切です!



IP規格は2桁の数字で表されており、1つ目の数字が防塵性能、2つ目の数字が防水性能。HALO SLの防塵防水性能は、「IP67」。防塵は粉塵の侵入を完全に防止、防水も水中使用以外はOKというほぼ最強の防御力です。


●「IPX4」←「X」って何?

一般的なヘッドライトのスペックを見ると、「IPX4」や「IPX6」と、防塵性能の表示が「X」になっている物が多く見られます。防塵性能が「X」とは、防塵試験が未実施であるということです。さすがに粉塵に対してノーガードということはありませんが、防塵性能に不安が残ります。


●そんなに防塵性能は必要なの?

IP規格の防塵性能は0~6の7段階。「IP5X」の防塵性能があれば、機器の動作に支障をきたしたり安全を損なう程の粉塵が侵入しない、となっています。「IP6X」であれば、粉塵の侵入を完全に防止。さて実際にそんな粉塵にさらされるような状況はあるのでしょうか?


●HALO SLの防塵性能

先日弊社にて、お客様が使用中のHALO SLを検品する機会がありました。お預かりしたHALO SLがこちら。

↓ ↓ ↓

かなりしっかり使っていただいています。ボタンの周囲やクリップの隙間などはもちろん、全体的に粉塵が付着しているのが見て取れます。かなり粉塵の発生する現場でのご使用ですね。おそらく土木系で、セメントの扱いがある現場だと思います。

さて「IP67」のHALO SL。本当に粉塵の侵入はないのでしょうか?



バッテリーボックス内の様子とLED点灯の様子です。バッテリーボックス内には粉塵の侵入が見られません。LEDの点灯を確認しましたが、全モード問題なく点灯。異常個所は見当たりませんでした。粉塵の多い現場でもしっかりとガードされていることが分かります。


●「IP67」の防塵性能があると安心

「IP5X」の防塵性能があれば、一般的な環境であれば問題なく使用できると思います。しかし、工事現場で長期間使うとなると少々不安が残るのではないでしょうか。ワークライトを工事現場で使用する場合、防塵性能が「IP6X」あれば安心感が違います。

また防水についても、屋外の現場であれば「突然の悪天候」や「水たまりに落とした」、あるいは「汚れるので丸洗いしたい」など、水と触れる機会も多いと思います。HALO SLに限らず「IP67」の防塵防水性能を持つ製品がおすすめです。


いくら「IP68」や「IP67」といった防塵防水性能を持った機器でも、正しく使用しないと効果が発揮されません。

フタの閉め忘れ等にはくれぐれもご注意くださいね!


リンク




תגובות


bottom of page