トンネル工事の安全対策におすすめのヘッドライト




昨今、ンネル工事では労災事故が多発しています。


死亡事故も発生し、トンネル工事での安全対策は急務となっています。





多様な事故が発生する中で今回取り上げるのは「もらい事故」です。


  作業中に、重機に巻きこまれてしまった…


  死角になっていて気づかなかった…など。


では、トンネル工事での問題点はどこにあるでしょうか。




  ◆トンネル内は狭い・暗い状況


  ◆投光器の光が届かない死角が存在


  

  つまり、



 「作業員が見えない」事が安全対策の課題の一つであると考えられます。






そこで㈱N.S.C. Tradingがご提案したいのが


360度LEDのHALOライトシリーズです。


HALOライトシリーズとは、


「高い視認性と昼間のような明るさを併せ持つ


             現場のためのライト」です!



それではご紹介します。



まずこちら、ヘルメットに取り付けられた

天使の輪っかのようなライトが


『HALOライト』








こちら、HALOライトとほぼ同じですが、

更にフロントにライトが追加されたタイプ



『HALO SL』








どちらもヘルメット用。

ワンタッチで着脱ができますよ!

(こちらはHALO SL)






360度の斬新な形はとてもインパクトがありますね!


これは着けてたら目立ちそう…


そう、こちらのライト実際に大変よく目立つのです。


では、どれくらい目立つのか?





実際のトンネル工事の現場の写真がこちらです


⇩  ⇩  ⇩  ⇩  ⇩  ⇩  ⇩  ⇩


どこに着用者がいるかおわかりいただけたでしょうか…


もちろんわかりますね!




このように、


重機の影など死角になりやすいところでも


存在をアピールでき、


安全に作業が可能になるのです!




その安全性は国土交通省にも認められた新技術として


NETISにも登録されています





続々と評価頂いています!








さらに、気になるのは


ヘッドライトとしてはどうなの?


というとこですよね。




Q.では、HALOライトには何個LEDがついているでしょうか?






※ヒントです







答え.42灯 (HALO SLなら45灯)


絶対明るいですね!



しかも、




  広範囲照射で周辺視野が生まれる


  通常の単焦点ライトと比べて影になりにくい


  昼間のような感覚で作業ができる!




というメリットがあるのです!



実際のトンネル工事の現場の写真がこちらです


⇩  ⇩  ⇩  ⇩  ⇩  ⇩  ⇩  ⇩


投光器が遠いところにあっても


周辺全体が明るくなって


安心して作業ができますね!!




~是非トンネル工事での導入をご検討ください~




現在、弊社では無料でサンプル機の貸出も行っております


お問合せページよりお気軽にご連絡ください。



更に詳しい仕様等は

下記製品ページからご覧ください!




LEDマルチワークライト

HALO SL

>>製品ページはこちらから










360度ヘッドライト

HALOライト

>>製品ページはこちらから