【新発売】アルコール検知機の販売を始めました!



運転前後の アルコールチェックに!

持ち運びに便利な軽量タイプ


RABLISS

アルコール検知器

KO270







2022年10月より白ナンバー(自家用自動車)事業所においても


アルコール検知器の使用義務化が始まります


 

対象となる白ナンバー事業所とは、
















●乗車定員が11人以上の自動車(自家用自動車)が1台以上 または

●その他の自動車(自家用自動車)5台以上


の事業所です。


 

上記の事業所では元々、安全運転管理者の選任が道路交通法で定められていますが、


道路交通法施行規則の一部改正により


安全運転管理者の業務内容に


「運転者の運転前後のアルコール(酒気帯び)チェック」が追加されました。

















①令和4年4月1日からは


  運転手の酒気帯びの有無を運転前後に目視等で確認

  ●酒気帯びの有無を確認したデータ等を1年間保存すること

 

  施行され、



②令和4年10月1日からはついに、


  ●運転手の酒気帯びの有無をアルコール検知器を用いて行う

  ●アルコール検知器を常時有効に保持すること


  が義務化されます!

 

これに伴い、㈱N.S.C. Tradingでは、


アルコール検知器の取り扱いを始めました。


「酒気帯びの有無を音、色、数値等により確認できるもの」


という条件を満たしており、


業務に使用できるものになります⇩




運転前後の アルコールチェックに!

持ち運びに便利な軽量タイプ


RABLISS

アルコール検知器

KO270







RABLISS アルコール検知器 KO270

製品ページはこちら




製品の特徴としては、


●1年または1000回の使用が可能

  ⇒一般的なセンサー寿命。アルコール検知器は消耗品です!

   安価なので1年に1度の買い替えに便利!



●息を吹きかけるだけで使用可能

  ⇒直接口が触れないので、複数人でも使用可能!



●ハンディタイプで使いやすい

  ⇒保管・測定がしやすい!


などです。


詳しい内容については是非、製品ページをご覧ください。